また心から笑える日が来るまで-難治頻回部分発作重積型急性脳炎 闘病ブログ-

難治頻回部分発作重積型急性脳炎に発症した娘(当時1歳半)と僕たち家族の闘病ブログです。

退院から4週間

lifelog-00.hateblo.jp

 

娘が退院してから4週間が経ちました。

退院後、4週目の変化としては、

・寝返りしてうつ伏せになっても辛そうでは無くなった

・声をかけたり、顔を近づけるとリアクションしてくれる回数が更に増えた

・おもちゃなどを近づけると手を伸ばすような動きをする

って感じです。

 

これまでは寝返りしてうつ伏せの状態になると、反り返ってもがくような動きをしていましたが、4週目に入ってからはうつ伏せの状態に慣れてきたようです。

娘が夜中寝返りしてしまい、苦しそうな声が聞こえて目をさますことが結構ありましたが、最近は少なくなってきたように感じます。

 

lifelog-00.hateblo.jp

 

あと、前の週まで出ていた鼻水と咳が収まったのもよかったです。

娘が風邪を引かないために色々対策した効果があったのかも。

 

lifelog-00.hateblo.jp

クレベリンという空間を除菌してくれる奴が結構働いてくれている気がします。

(いまいち効果はわかりづらいですが、風邪予防したい方にはおすすめです。)

 

あと、僕はインフルエンザの予防接種を受けました。

息子の通う保育園ではまだインフルエンザが流行っていないようですが、

今後流行る可能性もあるので注意したいと思います。

 

家族で久しぶりに散歩

 

昨日、退院後初めて娘と家の周りを散歩してみました。

これまではウィルス予防のため外出を避けていましたが、退院から約1ヶ月程度たったということと、徐々に外の環境にも慣れていってほしいということでお試しです。

 

娘をベビーカーに乗せて、家の近くの河川敷を30分程度歩くだけでしたが、久しぶりに娘含め家族4人で外を歩けたことがとても嬉しかったです。

 

娘もいつもと違う景色だからか、とても心地よさそうな表情をしていました。

4歳の息子がベビーカーに乗っている娘の手を握って嬉しそうに歩いている姿をみたら自然と涙が溢れてきました。

 

この3ヶ月の間、息子も娘と外遊びしたかったんだと思います。

 

 

娘はできないことが増えましたが、できることも徐々に増えてきています。

兄妹でまた元気に外で遊べる日を迎えられるように頑張りたいと心に誓いました。