また心から笑える日が来るまで-難治頻回部分発作重積型急性脳炎 闘病ブログ-

難治頻回部分発作重積型急性脳炎に発症した娘(当時1歳半)と僕たち家族の闘病ブログです。

退院から41週間

娘が退院してから41週間が経ちました。

41週目の変化としては、

  • 色んな喃語を出すようになってきた
  • 膝立ちができるようになってから発作が起きる場合の危険が増した
  • 咳と痰が出始めた

という感じです。

 

色んな喃語を出すようになってきた

最近、色んな喃語っぽい言葉を出すようになってきています。

周りの人の言葉を繰り返したり、状況に応じて色んな声を出すようになってきています。

赤ちゃんもそうですが、周りの人の言葉を反復して練習したりすると思うので、いい傾向かなと思います。

 

 

膝立ちができるようになってから発作が起きる場合の危険が増した

膝立ちがだいぶ上手になってきてから、膝立ち中に発作が起きる危険が増えました。

膝立ち中に発作が起きると、全身の力が抜けて床に倒れこむ感じなので、下にものがあったり床が固いとかなり危険です。

ずり這いをたくさんしていた頃の方が床からの高さが低い分衝撃が少なかったのですが、膝立ちから発作で倒れこむとかなり危険です。

昨日、娘が膝立ちしているタイミングで発作が起きて床に倒れこみました。

たまたまおもちゃが周りに落ちていて、おもちゃの上に頭から落ちてしまい、顎から血が出て傷ができてしまい、娘が大泣きしてしまいました。

急な出来事だったのでかなりびっくりしました。。

娘にはたくさん謝って、娘が膝立ちしているときは周りに危ないものがないか細心の注意を払うようになりました。

娘が立てるようになったら、この危険は更に増えるので、今後はもっと気をつけて行かないといけないです。

 

咳と痰が出始めた

先週の三連休に息子と娘の保育園の夏祭りがありました。

息子の保育園の夏祭りが土曜日で、娘の保育園が月曜でした。息子の夏祭りでは、くじ引きや輪投げなどの屋台があり、娘を抱っこ紐に入れて連れて行ったところ、色んな場所をキョロキョロみて楽しそうでした。

去年の息子の夏祭りの日は娘が入院していたので娘と僕は参加できませんでした。

今回は家族全員で参加できたので、息子もとても嬉しそうでした。

その日、小雨が降っていたせいかこの日あたりから娘が体調を崩してしまい微熱が出てしまったので、結局娘の夏祭りはお休みすることになりました。

息子に娘の保育園を見せてあげられる貴重な日だったので、残念ですが、体調がこれ以上悪化してしまうのはまずいので、休んでよかったです。

休んだおかげで多少回復したように思います。

 

最近天候が変わりやすいので、体調が崩れやすいんだと思います。

これから暑くなってくると思うので、体調管理を気をつけたいと思います。