また心から笑える日が来るまで-難治頻回部分発作重積型急性脳炎 闘病ブログ-

難治頻回部分発作重積型急性脳炎に発症した娘(当時1歳半)と僕たち家族の闘病ブログです。

歩きたい願望がすごい

娘はようやく歩けるようになったぐらいのタイミングで病気になり、

歩くことが困難になりました。

現在、ハイハイや立つ練習、歩く練習のリハビリを行っています。

 

最近、ズリバイがだいぶ上達してきましたが、

日に日に歩きたい欲求も増しているように感じます。

 

 

足の運びがだいぶ上手になった

 

娘を脇の下から持ち上げて床に足をつけてあげると、上手に左右の足を動かします。

訪問リハビリや、通っているリハビリセンターで歩行の練習をしている成果なのか、

退院直後あたりに比べ、足の運びがどんどん上手になってきています。

ただ、まだ急に足の力が抜けてしまうので、ちゃんと支えてあげないといけません。

 

 

音による発作にも気をつけないといけない

 

lifelog-00.hateblo.jp

娘は急な音や大きい音が近くでなると発作が出てしまうので、歩く練習中に大きい音がなったりすると手足の力が抜けてしまいます。

仮に歩けるようになったとしたら、音や、周りのものに注意しないといけないかもです。

 

ヘッドギアを購入

 

1ヶ月前くらいに訪問リハビリの先生の勧めでヘッドギアを購入しました。

ハイハイで急に動いた時や滑ってものにぶつかった時ように頭を守れるように買いましたが、歩行練習の時にもなるべくヘッドギアをつけるようにしています。

ヘッドギアをつけ始めた頃はだいぶ嫌がってましたが、最近慣れてきたようで、そこまで嫌がらなくなりました。

ヘッドギアをつけている方がこちらとしても安心なので、気を張る量が少なくなるのがいいなと思います。

 

 

少しづつではありますが順調に回復している気がします。

この調子で行けるといいな。