また心から笑える日が来るまで-難治頻回部分発作重積型急性脳炎 闘病ブログ-

難治頻回部分発作重積型急性脳炎に発症した娘(当時1歳半)と僕たち家族の闘病ブログです。

パワーストーン

昨日、僕の叔母(妻の両親の姉妹)にあたる方から連絡がありました。

「〇〇ちゃん(娘)に3日前から今日までエネルギーを送りました。もし何か変化があったら教えてください」

という内容でした。

 

その方は、娘が病気になる前から、娘や息子に定期的に絵本やカレンダーを送ってくれたりと可愛がってくれていました。

 

娘が入院した際は脳の病気に効くというパワーストーンを購入して送ってくれました。

その時のパワーストーンは今も娘の枕元に置いています。

 

パワーストーンがどの程度効果があったのかは分かりませんが、食事をしたりする事ができないかもしれないと言われた娘が現在の状態まで回復しているのは、そのパワーストーンの影響もあるのかもしれないという話を家族でしたこともありました。

 

そして今回、そのパワーストーンを購入したところがやっているエネルギーを送るサービス?を叔母が頼んでくれたそうです。

 

「エネルギーを送るサービス」が実際どんな内容なのかいまいち理解できませんでしたが、娘の回復を願ってくれていることはとても嬉しかったです。

(僕の妻の両親は、「変な業者に騙されているんじゃないか?」という不安を口にしたりしてましたが、、、)

 

エネルギーを送ってくれた効果

 

実際、エネルギーを送ってくれていた期間と、娘の様子を照らし合わせてみると、

エネルギーを送ってくれていたという期間、娘の機嫌や調子がよかったような気がします。

ただ、その日は娘がたくさん睡眠できていたことや、妻の両親がきてくれていたこともあるため、どこまで効果があったのかはいまいちわからずでした。

 

 

周りの人に感謝

 

パワーストーンやエネルギーがどこまで効果があるのかは現段階では分かりませんが、とても親身になってくれる叔母の気持ちがとても嬉しかったです。

(変な業者に騙されないか心配ですが、、)

 

娘が病気になってから僕の家族や妻の両親など、周りの人にたくさん支えられてきました。

今の娘の回復があるのも周りの支えがあってこそだと思うので、できる限り今まで受けた恩を返せるよう頑張って行きたいと思います。