また心から笑える日が来るまで-難治頻回部分発作重積型急性脳炎 闘病ブログ-

難治頻回部分発作重積型急性脳炎に発症した娘(当時1歳半)と僕たち家族の闘病ブログです。

39度の発熱

昨日の夜、仕事を終えて家に帰ったら娘が妻のお腹で昼寝をしていました。

僕が帰ってきてしばらくしたら起きたのですが、なんとなくいつもと違う動きでした。

 

夜ご飯の時間になったのでご飯を食べさせたのですが、いつもの食欲がありません。

とりあえず、クーリングをしつつ、熱を測ってみることにしました。

 

39度の発熱

熱を体温計で測ってみたら39.1℃でした。

妻の話では昨日の昼間あたりから咳と鼻水がで始めたのですが、おやつはもりもり食べていたそうです。

 

 

lifelog-00.hateblo.jp

退院してから一度40℃の熱がでたことはありましたが、その後は高熱は出ていませんでした。

前回、ガチガチにクーリングしたらなんとか熱が下がってくれたので、今回もクーリングで熱を下げることに。

食事の途中でしたが、とりあえず毎日服用しなきゃいけない薬を飲ませた後、食事を途中で切り上げて寝かせることにしました。

 

なんとか寝てくれた

夜の22時くらいにベビーカーで寝てくれたので、娘をふとんに移しました。

ふとんに移したタイミングで熱を測ってみたら、37.0℃くらいまで下がったので少し安心しましたが、前回、夜中に40℃に上がってしまったので、少し不安な状態で就寝しました。

結局その後、夜中に目が覚めることなく朝を迎えることができました。

まだ気が抜けませんが、とりあえず今回もなんとか熱が下がって本当によかったです。

(急な発熱は本当に怖い)

 

高熱のトラウマ

前回の発熱も、今回も、娘の熱が急に上がると本当に焦ります。

どうしても、病気になった日の娘の様子がトラウマのように蘇ります。

昨日は食事途中でしたが、自分の手足が冷たくなって、他の事が考えられなくなりました。

「もうあんな悲しい、辛いおもいはしたくないし、させたくない」って事が頭の中でいっぱいになります。

今日もまだ安心できませんが、無事回復してくれることを願いたいとおもいます。