また心から笑える日が来るまで-難治頻回部分発作重積型急性脳炎 闘病ブログ-

難治頻回部分発作重積型急性脳炎に発症した娘(当時1歳半)と僕たち家族の闘病ブログです。

MRI検査

昨日は娘のMRI検査と血液検査がありました。

僕は仕事だったので妻と妻のお母さんが付き添ってくれました。

検査のため朝10時からMRI検査終了の14時くらいまで何も食べられないので娘がグズグズにならないか心配でしたが、いい感じにお昼寝してくれたので大丈夫でした。

 

MRI検査の結果

家に帰って妻にMRI検査の結果を聞きました。

MRI検査の結果としては、前回から変化が見られないという事で、問題ないようです。

MRI検査の画像も見せてもらったらしいですが、発症前に比べると脳は萎縮しており、萎縮した脳は元には戻らないそうです。

元に戻らない事はとても悲しいですが、そこはリハビリではどうにもできない部分なので気持ちを切り替えて、萎縮した脳を補う形で発達してくれることを願いたいと思います。

 

 

イーケプラを増量

体重が増加してきた事もあり、イーケプラを増量するそうです。

フェノバールやリオレサールは量の変更はないそうです。

治療方針としては副作用の強いフェノバールの代わりにイーケプラを増やしていく方針で、フェノバールの量はそのままにしておいて体重増加に伴い血中濃度を下げていき、代わりにイーケプラを増加させていき、最終的にはフェノバールの量を下げるとの事でした。

 

 

 

夜中起きてしまうのは問題ないとのこと

lifelog-00.hateblo.jp

最近夜中に起きてしまう事が気になっていたので妻に質問してもらったところ、

 「普通の子でも起きてしまう事はあるし、問題ない」との事でした。

とりあえず、問題ないという回答をもらえて一安心です。

 

ほぼ1日がかり

12時ごろ病院へ到着して妻が帰ってきたのは18時でした。

待ち時間の多い病院なので、ほぼ1日がかりです。

妻も娘もよく頑張ったと思います。

MRI検査結果が心配でしたが、一応問題なく終わったのでよかったです。

この調子で順調に回復して行って欲しいなと思います。