また心から笑える日が来るまで-難治頻回部分発作重積型急性脳炎 闘病ブログ-

難治頻回部分発作重積型急性脳炎に発症した娘(当時1歳半)と僕たち家族の闘病ブログです。

退院から40週間

娘が退院してから40週間が経ちました。

40週目の変化としては、

  • 蹴る力がだいぶ強くなってきた
  • 僕が家に帰ってくるとたくさん喜んでくれる
  • 寝言をたくさん発するようになってきた

という感じです。

 

蹴る力がだいぶ強くなってきた

リハビリで立つ姿勢の練習をたくさんするようになってから脚力がだいぶついてきているように思います。

お風呂の時にいつも手足をばたつかせるのですが、最近さらに激しくなってきています。以前に比べるとお風呂の難易度もかなりあがってしまい大変ですが、筋力がついてきたという事でもあるので嬉しいです。

 

僕が家に帰ってくるとたくさん喜んでくれる

仕事が終わって家に帰ってくると娘がこちらを見てぴょんぴょん跳ねて喜んでくれます。それがとても嬉しくて愛おしいです。

疲れていてもニコニコで出迎えてくれると疲れが吹っ飛びます。

娘がこれかもたくさん笑ってくれる時間が増えるといいなと思います。

 

寝言をたくさん発するようになってきた

最近になって寝ている時に寝言をたくさん言うようになりました。

なんて言っているかはわかりませんが、寝ている間に頭の中を整理しているんでしょうね。

前も多少はありましたが、ここ最近さらに多くなってきています。

寝言をたくさん言う日はたくさん刺激があったという事だと思うので、いろんな刺激をたくさん与えてあげたいと思います。

 

今週も頑張ります。