また心から笑える日が来るまで-難治頻回部分発作重積型急性脳炎 闘病ブログ-

難治頻回部分発作重積型急性脳炎に発症した娘(当時1歳半)と僕たち家族の闘病ブログです。

退院から25週間

娘が退院してから25週間が経ちました。

25週目の変化としては、

・就寝中、咳で起きたり咳が止まらなくなる時がある

・なかなか飲み物を飲んでくれなくなってきた

ずり這いがかなり上手になってきた

という感じです。

 

就寝中、咳で起きたり咳が止まらなくなる時がある

先週あたりにも書いたのですが、夜、咳で起きたり咳が止まらなくなる時が最近多いです。昼間はほとんど咳が出ていないのに、就寝中に咳が出て起きたり、続けて何度も咳をしたりする事が多いです。

熱もないので風邪ではないっぽいので、部屋の湿度が低くなって乾燥していることが関係しているのかもしれません。最近は加湿器をつけて寝るようにしてますが、それでも咳が出るので、気になるところです。

 

 

なかなか飲み物を飲んでくれなくなった

便利改善のため、しつこいくらいに飲み物を飲ませているせいか、前に比べて飲み物をあまり飲んでくれなくなりました。前まで1日700mlとか800mlくらい飲んでましたが、最近は500mlとか多くても600mlくらいか飲んでくれません。

ジュースにしたり、違う味のお茶にしたりしているのですが、なかなか飲んでくれなくなってきたので、何か良い方法を考える必要がありそうです。

 

ずり這いがかなり上手になってきた

最近、ずり這いがかなり上手になってきました。左腕のコントロールがまだ難しいため、回転しないように娘の体を抑える必要はありますが、ずり這いでかなり前に進めるようになりました。

脚もちゃんと蹴れているので、左腕の不随が何とかなればずり這いできそうな感じがします。

 

ちょっとした変化で不安になる

風邪の症状でも、病気による症状なのか判断が難しかったりするので、ちょっとした変化で不安になる事がまだまだ多いです。

今後薬を減らしていって、症状が落ち着いてきたらもう少し不安も減っていくと思うので、家族で引き続き頑張りたいと思います。