また心から笑える日が来るまで-難治頻回部分発作重積型急性脳炎 闘病ブログ-

難治頻回部分発作重積型急性脳炎に発症した娘(当時1歳半)と僕たち家族の闘病ブログです。

退院から24週間

娘が退院してから24週間が経ちました。

24週目の変化としては、

・夜寝るとき咳が止まらなくなる時がある

・家に誰かが帰ってくると声を出して喜ぶ

・前に比べて落ち着いていられる時間が増えた

という感じです。

 

夜寝る時咳が止まらなくなる時がある

就寝後、咳で起きてしまったり、寝ながら何回も咳が続いてしまうことが増えました。

lifelog-00.hateblo.jp

少し前に引いた風邪は先週あたりの収まったので、おそらく乾燥によって咳が出てしまうんじゃないかと思います。

加湿器で湿度をあげると多少落ち着く感じがします。

 

家に誰かが帰ってくると声を出して喜ぶ

僕や妻のお父さんが仕事から家に帰ってくるとニコニコして声を出して喜んでくれます。誰がいないのかをちゃんと認識できてきている感じがするのも成長している感じがします。

 

 

前に比べて落ち着いていられる時間が増えた

lifelog-00.hateblo.jp

前に比べて不随意運動のような動きが多少収まってきた用におもいます。

リハビリによる成果なのかもしれません。

lifelog-00.hateblo.jp

先週も、リハビリセンターで身体の動きをみてもらいましたが、腕が急に動いてしまう動きは、背中の筋肉の緊張によるものかもしれないという話を受けました。

 

対処法として、背中に筋肉の緊張を緩める注射をして緊張を和らげる方法を提案されました。

効果があるのであれば是非やりたいとは思っているのですが、

背中の筋肉が緩むことにより今まで動かせていた部分まで緩んでしまい、今までできてきていた動きができなくなってしまう可能性もあるのかなとおもいました。

 

まだどうするか決めかねているので、いろんな先生の意見を聞いてから最終的にどうするか決めたいとおもいます。