また心から笑える日が来るまで-難治頻回部分発作重積型急性脳炎 闘病ブログ-

難治頻回部分発作重積型急性脳炎に発症した娘(当時1歳半)と僕たち家族の闘病ブログです。

退院から18週間

lifelog-00.hateblo.jp

娘が退院してから18週経ちました。

18週目の変化としては、

・声を出すのが上手になってきた

・日によってすごく早く起きる

・手を口に入れることが多い

という感じです。

 

声を出すのが上手になってきた

前は口を開けずに声を出して、もごもごしている事が多かったですが、最近は名前を呼んであげると、「はぁい!」という元気な声を出せる時が増えました。(失敗する時も結構ある)口を開けて声を出す事を覚えたようで、以前に比べてたくさん声を出してくれるので嬉しいです。

 

日によってすごく早く起きる 

日によって、ものすごく早く起きてしまう事があります。(4時半とか5時)

朝方一旦起きると、そのままずっと起きてしまう事が多いです。

夜中や朝方起きると体を回転させて移動してしまったりするので、ベビーベットの柵をするなどの対策が必要そうです。

lifelog-00.hateblo.jp

病気や薬の副作用で睡眠が浅くなっているのか、詳しいことはわかりません。

(担当医の先生に質問したら、普通の子供でもあり得ることだから神経質にならなくて良いとのこと。)

僕がいつも5時に起きる為に目覚ましをセットしているので、目覚ましの音で起きてしまっている可能性や、朝方の新聞配達の音で起きてしまっている可能性がありそうです。

 

口に手を入れる事が多い

手のコントロールが前よりもできるようになったことにより、口に手を入れる事が多くなってきました。雑菌が繁殖してしまったりするので、なるべく口に手を入れないような方法を検討する必要がありそうです。

 

 

 

2日連続外出

この連休、外が暖かかったので、土曜日に車のお祓い、日曜日に車で30分くらいのところにある大きめの公園に2日連続で娘を外出させました。

娘は外に出ると周りをキョロキョロ見ているので、やはり家にいるよりもたくさんの刺激を受けているように思います。

息子も娘と一緒にお出かけできるととても楽しそうにするので、僕と妻もとても嬉しいです。

あと、息子は娘も一緒にお出かけするとお兄ちゃん風を吹かせるらしく、今まで無理だった公園の遊具にも挑戦して、遊べるようになりました。

家族全員で外出できるとやっぱり幸せだし、楽しいです。

 

もう少し暖かくなったら、もっとたくさん娘とお出かけしたいと思います。