また心から笑える日が来るまで-難治頻回部分発作重積型急性脳炎 闘病ブログ-

難治頻回部分発作重積型急性脳炎に発症した娘(当時1歳半)と僕たち家族の闘病ブログです。

事故

昨日の午前中、仕事中に僕の携帯が鳴りました。

妻からの着信でした。

僕と妻は普段電話はあまりせず、基本メールでやりとりしているので、

急な着信が来ると一瞬焦ります。

娘が病気になってからは「娘に何かあったんじゃないか」と思ってしまうので、着信が怖くなりました。

 

恐る恐る電話に出てみると、

「息子を保育園に送った後、帰ってきて駐車場に車を停める際、操作を誤って駐車場入り口近くのブロック塀に当ててしまった」との事でした。

 

車の後ろのバンパーが歪んでしまったことと、駐車場のブロック塀を壊してしまいましたが、運転していた妻も一緒に車に乗っていた娘も怪我なく無事だったのが不幸中の幸いです。

 

多少妻がテンパっていたのと、娘も心配だったので僕は仕事を切り上げて家に帰る事にしました。

 

ブロック塀に関しては、壊してしまったことを駐車場を管理している不動産屋さんに連絡しようとしたそうですが、丁度定休日だったらしく営業日に再度連絡する事になったそうです。

 

車のバンパーの歪みに関しては修理してもらえるか見てもらうために僕が車のディーラーにもっていったところ、

バンパーを留める金具が歪んでしまっているので、板金屋に修理に出さないといけないらしく修理費用としては20〜30万後半くらいとの事でした。。

 

車両保険に入っていなかったこともあり、なおすとしたら自腹になってしまうので、なおすかどうか悩み中です。。

 

 

 

日々の疲れが積み重なったものなのかもしれない

 

ふと、昨日の時点で妻が

「色々考えなきゃいけないことがありすぎて頭がぐるぐるする」

と言っていたことを思い出しました。

 

今まで妻が運転中に不注意だったことがなかったので、今回の件、びっくりしましたが、もしかしたら日々の疲れが積み重なって、注意力が低下してしまい、今回の件に繋がったのかもしれないと思いました。

 

今回は対物の事故でしたが、もし対人事故が起きてしまっていたらと考えるとゾッとします。

 

 

とりあえず無事で何よりですが、

今回の件で妻の負担を極力減らすために僕の働き方も考えなきゃいけないと感じました。