また心から笑える日が来るまで-難治頻回部分発作重積型急性脳炎 闘病ブログ-

難治頻回部分発作重積型急性脳炎に発症した娘(当時1歳半)と僕たち家族の闘病ブログです。

抱っこすると泣き止む

lifelog-00.hateblo.jp

 

声帯がちゃんと閉じているかの検査の結果、ちゃんと閉じていることがわかったそうです。

 

肺炎の再検査はまだらしいですが、

声帯がちゃんと閉じているから食事してもOKということになりました。

今日のお昼から再び口からごはんを食べられるそうです。(よかった)

 

肺炎により、ここ4日間は点滴とビタミン剤のみだった為、娘は大好きな食事ができませんでした。

多分、お腹が空いて泣いているんだろうという泣きが何回もありました。

娘のいる病室は他の子供達も入っているので、食事の時間になると、他の子供の食べるごはんの匂いが結構してきます。

 

美味しそうな匂いがしているのに、食べられないのはとても可哀想です。

また食べられるようになり、本当によかったです。

 

 

抱っこすると泣き止む

 

入院後、初めて抱っこしたのは下記の記事を書いたあたりですが、僕は最近ようやく娘を抱っこするのに慣れてきました。

 

lifelog-00.hateblo.jp

 

「抱っこしたら苦しいんじゃないか」とか

「嫌じゃないか」などの気持ちがあったのであまり抱っこできずでした。

 

ただ、いつの日からか抱っこしてあげると泣いていた娘が泣きやんだり、心なしか嬉しそうな顔をしてくれているように感じるようになりました。

 

なので、今は病室にいる間、なるべく抱っこしてあげてます。

 

妻のように上手に抱っこできず、娘に付いている機械が外れてしまうことがまだあるんですが、上手に抱っこできるよう頑張りたいと思います。

 

抱っこしていると、娘が赤ちゃんの頃を思い出します。

懐かしい感情と、娘とそばにいられる嬉しい感情が湧いてきます。

 

1日中一緒にいてあげる事は難しいですが、時間の許す限り、娘に愛情を注ぎたいと思います。